インタビューお知らせ

日本人として誇らしく思うとき〜理事・野口のインタビュー<中編>〜

日本人として誇らしく思うとき〜理事・野口のインタビュー<中編>〜

こんにちは!
一般社団法人日本人グローバル化計画推進協会(JAGPP)広報の寺尾です。

理事の野口へのインタビューシリーズ、本日は<中編>をお届けします。

目次
<中編>
3.日本人にとっては当たり前のことが…
4.トルコの大学生から何度か言われたこと

★<前編>をお読みになっていない方は、こちらから。
1. 約30カ国へ行き、強く感じる2つのこと2. フィリピン人女性の驚きの来日理由

<前半>では、海外旅行が趣味でマレーシアに住む野口が、海外へ行くと強く感じることについてお伝えしました。
<中編>では、日本人の自尊心と、海外からは日本がどう見られているか、実際に野口が経験したことから、お伝えします。

(マレーシアの夜)

 

【日本人にとっては当たり前のことが…】

―真面目さが長所であり、短所にもなる。真面目さをもちつつ、柔軟性はほしいところです。もうひとつの気になる、日本人の自尊心については、いかがでしょう?

野口 真面目で、ていねいなことは、すばらしい価値だと思います。

ただ、諸外国に比べ、自己肯定感が低いことに危機感をもっています。

内閣府が発表したデータをみても、諸外国に比べて、日本人が自分を肯定的に捉えていないことが明確になっています。

日本にいると、なかなか気づけませんが、この真面目で、ていねいなことは、私たちにとっては珍しくなくても、外国の方からみると、驚きに値するようです。

特別なことをしているつもりはないのに、価値が提供できているなんて、すばらしいことだと思いませんか?

「自分たち、意外にすごいよ」と、気づけたら、もっと自分に自信がもてるように思います。

聞いた話ですけど、外国人旅行者が、日本のホテルで忘れ物をしたら、アルバイトの人が、ただ持ってきてくれただけじゃなく、両手で渡してたのだとか。

「こんな接客は、一流ホテルでしか受けられない!」

とその外国人の方は、感動されたそうです。

それだけ日本のサービスレベルは、平均して高いことがうかがえます。

(4月23日設立パーティーの時の野口。当日は法被を着て盛り上げました)

 

【トルコの大学生から何度も言われたこと】

―そういうお話を聞くと、うれしくなりますね。

野口 そうなんです。みなさん、日本の精神性の高さに気づいてない。
海外へ行くと、想像以上に親日家が多いことも、国内ではそれほど知られていません。

僕は、日本人でよかったと思うことが、何度もありました。

トルコでは、日本人というだけで、大学生から何度も
「一緒に写真を撮ってください」
と、言われたことがあって、びっくりしましたよ(笑)

昔、トルコ人が日本人に助けてもらったことがあるからと、とても親切にしていただきました。

カンボジアに行っても、日本からのODA(政府開発援助)によって、橋が架けられ、道路が整備されたりしたことで、とても感謝されました。

学校の教科書で数行見ただけのことが、現地の方々から、こんなに喜んでもらっていたという事実には、驚きました。

他の国でも、僕らの知らない日本人の英雄の話をされたり、何か感謝されたり、日本人として誇らしい気持ちになったのは、1度や2度ではありません。

こんなに、日本人が他国の貢献をして喜んでもらっているのに、知らないまま。

もったいないですよね。

日本国内に目を向けると、自殺率が高く、自己肯定感が低い。
一歩外に出ると、日本人が、尊敬されている国が多くあるのにです。

日本人というだけで、存在価値を感じてもらえるのですから、日本人は、もっと海外へ行って活躍した方がいい。

日本人として自信がつくだろうし、もっと世界に貢献する人たちが増えたら、と思わずにはいられないです。

(マレーシアの屋台。夜でも賑やかです)

 

*** 中編はここまで ***

日本にいると気づけませんが、海外へ行くと親日派が多いことに驚かされます。
日本人としての誇りを大切にしつつ、世界に貢献する日本人でありたいですね。

次回は、いよいよ最終回の<後編>。
野口が借金を背負った時の話や、マレーシアに住む理由などをお伝えします。

更新予定は、10月10日(木)17時です。お楽しみに!